メスを使わない施術

カウンセリング

傷跡の目立たなさを優先

気になるほくろがあったならば除去手術を受けると簡単に消すことができますが、メスを使った外科手術の場合は傷跡が残りやすいので気を付けなくてはいけません。かなり大きく、皮膚の外側に出っ張ったほくろの場合はほくろ除去手術を受けるべきですが、小さいものや皮膚との境界線があいまいである場合はほかの施術を受けましょう。皮膚科に言って相談するとあまり気にしなくてもいいといわれることがありますが、実際ほくろは病気やケガではないので急いで対処する必要がありません。ほくろ除去は急がなければならない理由が存在しないということをしっかり認識して、ほくろ除去を確実でリスクの少ない方法で消していきましょう。うまく電気メスでくりぬくことができれば簡単にほくろを消すことは可能であり、一回の手術ですべて終わることもありますが大きいほくろの場合はリスクが高いです。ほくろの大きさが5ミリ以下で外に出っ張っているのであれば電気メスがおすすめですが、そうでない場合は炭酸ガスバーナーを使わなければいけません。炭酸ガスバーナーは保険が利かないこと、そして再発のリスクがあるというデメリットが存在しますが大きなトラブルになりにくいという大きなメリットが存在しています。除去が長期化してしまいますがその分安心してほくろを消していくことができるので、大きなほくろの場合は地道な努力を積み重ねるようにしましょう。ほくろ除去にかかる費用の基礎知識については、医療保険の範囲でほくろ除去を進められるかどうかにかかっているといます。電気メスを使えば確実に保険が適用されるので、小さなほくろの場合は外科手術か液体窒素などを使ってほくろをそのままとってしまうべきです。逆に大きい場合は保険が適用されないというデメリットがありますが、長期的に治療を進めていくと結果的に費用を抑えることが可能となります。なぜならば、傷跡が残るなどのトラブルが生じるとノイローゼになってしまい、それによってさまざまな施術や投薬をしてしまうのでコストがかさんでしまうのです。これが最も恐れるべき事態であり、一度ノイローゼになると保険適用外の施術を行うよりも多くの費用を支払うことになってしまいます。そうならないように皮膚科で施術を受ける際には確実性と安全を確保し、安心して治療が行えるようにするべきといえるのです。最近は炭酸ガスバーナーではなく鍼灸などを使ってほくろの細胞を破壊することもできるので、自分に合った除去方法を模索していきましょう。

皮膚科と美容外科の違い

顔を触る人

ほくろの除去はメスを使った手術と炭酸ガスレーザーを用いた施術が存在しますが、手術はトラブルが生じやすいので避けましょう。クリームの塗布や鍼灸などの方法を模索し根気よく進めていけば、トラブルに合うことなく確実な効果を出すことができます。

ほくろを見えなくする施術

女の人

ほくろ除去は美容手術の中でも人気のあるものですが、行う際には傷跡の残りやすい切除手術よりも炭酸ガスバーナーや液体窒素を用いたやり方を選びましょう。時間をかけてじっくり行えばほくろの除去はトラブルなく終わるのでおすすめです。

術後のケアが大事

看護師

ほくろ除去をする際の注意点は、その施術方法のメリットとデメリットを把握することです。そうすることで、施術後に起こる可能性のあるデメリットに対して適切な対応をとることができ、被害を最小限にとどめたり、被害そのものを受けずに済んだりします。

レーザーで悩み解消

医者

皮膚科でメスやパンチを使ってほくろ除去を行う場合、病理検査が目的であれば健康保険が適用されます。レーザーによるほくろ除去は美容目的なので保険は適用されませんが、短時間で跡が残らず治療できるのがメリットです。